会社員女性が複業を始めるべき7つ理由とその方法

会社員女性が複業を始めるべき7つ理由とその方法

こんにちは!現役起業家のユズルです。

僕は男女含めて年間100名ほどの複業の始め方の相談を乗るのですが、みなさまそれぞれキャリア・人生についての悩みを抱えています。

・このまま会社員としての仕事を続けていてキャリアアップできるのか・・・。
・コロナの影響で収入が減り、今後の生活に不安・・・。
・会社外で仕事を始める複業に興味があるけど、具体的に何からすればいいのか・・・。
などなど。

自分自身もそうだったのでよくわかるのですが、先行きが不透明なこの時代、キャリアに対して不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

特に女性の相談者さんはみな、結婚や出産、家庭とキャリアの両立に対して、男性よりも不安を感じている方が多い印象です。

そこで本日は、僕が年間100名の起業相談を乗る中で感じている、女性が複業をすぐにでも始めるべき理由やその具体的な方法を、丁寧に解説します!

会社員女性が複業を始めるべき7つの理由!具体的な事例と始め方も解説

多くの方の相談に乗ってきて思うのが、会社員として以外の役割から収入を得ることには、メリットが多くあると感じます。
そのメリットと、具体的に何からスタートをすればいいのかも解説します。

女性の複業 7つのメリット

スキルが高まる

会社員として仕事をしてある分野での専門性が身についても、そのスキルが他社でも応用可能なのか、試してみないとわからないもの。

例えば私の友人で、企業で長いこと人事と働いていた方がいます。この女性は週末の時間を使って、ベンチャー企業の人事制度を作るのをお手伝いして報酬をもらうという複業をやっています。

このように、元々会社員としての仕事で身についたスキルを応用して、複業とするケースはよくあります。

これをすることにより、スキルのブラッシュアップになるだけでなく、専門性が高まるため、会社員としての仕事のパフォーマンスも上がります。

精神的な安定につながる

複業をしている人は、皆一様に、明るい表情をしている印象です。複業をはじめて会社外での発信が増えると、自然と精神にゆとりが出てきます。これは、人間関係が広がり、発信機会の増加、収入の柱が増えることなどによってもたらされる側面です。

価値を提供してお金を受け取ることにより、人間だれしもが持つ自己実現欲求・承認欲求を満たされます。

週末にも仕事をするなんて、忙しいのでは?と思われるかもしれません。しかし複業の選択をするときに、自分が夢中になれるものを選べば、充実感を得ることができます。

自己実現ができる

「いつか●●をしてみたい」こんな願望、ありませんか?例えばあなたが絵を書くのが好きで、「いつか絵を人に教えてみたい」と思っているのであれば、複業はそれを実行に移す最高のチャンスです。

ぜひ一度、ノートを広げてスマホの電源を切り、机の向かって1時間、自分が本当に好きなことや、やってみたかったことを、自由に書き出してみてください。質問の例は、以下のようなものです。
 ・自分が時間を忘れて没頭できるものは?
 ・いつかやってみたかったことは?
 ・今までに人から褒められたり感謝されたりしたことは?
 ・どんな社会の変革を見てみたい?
 ・自分が今まで積み上げてきたスキルは?
きっと何かしら複業のタネは見つかるはずです。

人間関係が広がる

男性よりも女性の方が、会社と家の往復以外の場所で友好関係を持っている人は多いようです。複業をスタートすると、会社外での人間関係は、必然的に広がって行きます。

顧客さがしからビジネスパートナー探しまで、どんな小さな複業でも完全に一人で完結できるものはありません。ビジネスをスタートする過程で多くの人と関わり、友好関係の輪も広がります。

自由な働き方ができる

女性は男性よりも、体調の変化に波が大きくあるようです。その点、複業は自分で選んでできる仕事が多いため、余裕がある時はたくさん、余裕がないときは少しだけ、という時間の使い方ができます。

また、インターネットで完結する仕事を選べば、場所も縛られずに働くことができます。

収入が安定する

複業で自分のビジネスをスタートし、価値提供を行っていけば、それに見合った報酬も受け取ることができます。

例えば先の人事コンサルティングの友人の例で言うと、彼女は隙間時間を使って人事制度作りを手伝いを行い、加えて経営陣の周りの相談事にも乗ってあげて、月に5万円を報酬として受け取っていました。

一つの会社で勤めながら給与を5万円アップするのには長い時間がかかりますが、複業は価格を自分で設定することも可能です。

まずは1000円でもいいので価格を設定して、複業を始めることがおすすめです。

キャリア選択の幅が広がる

複業をスタートすると、これまで会社の中だけで完結していた仕事が、外まで波及します。すると、自分のキャリアやスキル、価値提供の幅が広がっていき、結果として転職の機会に恵まれる、という例も多々あります。

僕の友人で、WEBマーケティングの会社で働いていた人がいましたが、彼は複業でベンチャー企業のWEBコンサルを始め、3ヶ月後にその企業から転職のオファーをもらいました。このように、通常の転職活動では得られないような体験をする方も多くいるようです。

複業を始めるための具体的な方法

複業のメリットがよくわかり、「よし!はじめよう!でも何からすれば・・?」と悩む人も多いと思います。そこで今回は、僕が起業相談に乗る中で実際に使っているステップを紹介します。

Step1. ビジョンの言語化

複業をスタートする前に、「なぜそれをやるのか?自分は何をしている時が一番ワクワクするのか?どんな状態をいつまでに目指すのか?」を明確に決めておくことは重要です。

これがないと、「なんだかお金が儲かりそうな話を聞いて、50万円で商材を購入しました」などということ になってしまいがちです。ポイントは、1. わくわくすることで 2. スモールスタートで 複業を開始することです。

Step2. プラットフォームに登録

事業の方向性が見えたら、次は自分と同じようなことをやっている人がいないかをチェックします。まずは以下のプラットフォームに登録してみるのがおすすめです。
ココナラ
クラウドワークス
ランサーズ
タイムチケット
もし自分がイメージしていたビジネスと、同じようなことをやっている人がいたら、それはチャンスです!すでに市場(需要)があるということなので、他の人がやっていることを真似るところからスタートできます。このようなプラットフォームに登録してみるとわかりますが、世の中には本当に多くの「細切れの仕事」があり、それがインターネット上でやりとりされています。
あなたのスキルを生かせる場所も、必ずあります。

Step3. 自分のサービスを作ってみる or 案件に応募してみる

登録が済んでリサーチを終えたら、いよいよ自分のサービスを売りにいきます。プロフィールを作成し、できる仕事を言語化していきましょう。できることなら、作成したプロフィールは他の人にみてもらって、「仕事を依頼したくなるか?もっと依頼をもらうためには何を変えたらいいか?」を第三者の視点でフィードバックしてもらいます。

一度案件が決まって売り上げが立てば、しめたものです!あとは案件数を増やす or 単価を上げられる仕事をとっていきます。

スクールに通うという選択もオススメ

ご覧いただいて分かる通り、新しいビジネスをスタートするのは、シンプルですがやり抜くためには大変な意志の力が必要です。

モチベーションを維持するためには、仲間を作ったり先輩複業家の話を聞いたりすることが有効です。僕が運営している起業スクールでは、ビジョンの言語化からビジネス化、つまずいたときのサポートまで、丁寧に一緒に複業づくりをしていきます。

他の受講生たちと一緒にビジネスを作っていくのは、大変楽しいものです。興味がある方は、ぜひ一度無料相談へどうぞ!お待ちしておりますね!

副業・複業カテゴリの最新記事

shares