スパルタ英会話創業記-1

スパルタ英会話創業記-1

スパルタ英会話創業の小茂鳥雅史氏に、創業までのストーリーを聞きました。

はじまりの場所

バンクーバーでの出会い

 TOEICわずか380点で外資系証券会社であるモルガン・スタンレーMUFG証券に入社することが決まった僕は、どうにか英語力を上げないといけない状況でした。そもそも英語は大嫌い。数学が大好き。なぜなら数学には確固たる答えがあるから。英語はなんともめんどくさい。なんで過去形にあんないろんな形があるんだと。全部に「ed」付ければいいじゃんって思っていました(笑)
 僕の絶望的な英語力に見かねた会社は、僕に異例の研修を命じます。その内容はなんと、「バンクーバーに行ってこい」というもの。今となってはありがたいことですが、内定者時代に語学留学に行かせてもらうことができました。同期は全員TOEIC900点以上だったのですが、僕だけ行かせるのは不公平だと、同期みんなで行くことに。
 当然、語学学校でのクラスは10段階ある中で、一番下のクラスと下から2番目のクラスを履修する形に。
 オリエンテーションはレベル関係なく、到着した順に行っていたので、たくさんのレベルの人がいました。
 語学学校でたまたま横に座ったのが、一緒に起業した、たかでした。
 当時、僕は23歳。大学院2年生。たかは大学1年生。19歳。「めっちゃ若いなこいつ」って思ってました。
 僕は覚えてないけど、「すげ〜年上の人に『トイレどこ?』って聞かれて、『Follow me』って答えたら、『Follow me ってどういう意味?』って聞かれたのが最初の会話だよ」っていつもたかは当時の話をしています。
 最初の仲良いグループというか、10人ぐらいで町をぶらついたり港に行ったり。そんな中に僕もたかもいました。

世界平和・起業について語りあう

 そんな出会いから数日。もう一人を加えて3人で日本料理の居酒屋に行ったとき、僕は世界平和について熱く語り、たかは起業をしたいと熱く語り合う時間がありました。あの夜、他の友達たちと違った世界へ足を踏み入れた気がします。
 そこからはどうやって起業するのか、どうやったら世界がよくなるのか、なんかおもしろいことをしようと、そんな話を飲んだくれながら、ときには韓国人と合コンをしながらも話していました。
 留学が楽しすぎて、僕は1ヶ月の留学の中で、ホームステイ先で夜ご飯を食べたのは最初の3日ぐらい。あとは、ほとんど終電帰り。なんなら終電を逃して、ヒッチハイクで家まで帰ったこともあるぐらいでした。
 そのほとんどをたかと一緒にいた気がします。

わらしべセブンが世界を救う  

大学時代、僕の中で流行っていたのが「企画旅行」。
例:
 ・ヒッチハイクで四国一周(合計18台に乗せてもらう)
 ・与論島で0円生活(民家に泊めてもらう)
 ・わらしべ長者の旅(物々交換でワラをバイク2台にまで交換してもらう)
体育会アイスホッケー部の休みが、年に3日だけあったので、この3日をいかに楽しむかとうことで、企画旅行をしていました。
 バンクーバーでこの話をすると、みんなやりたいやりたいと。それなら東京に帰ってからやろうということで、その場にいた7人は「わらしべセブン」というユニット名になりました。コンセプトは、「わらしべセブンが世界を救う」。
 わらしべ長者というのは、そもそもが物々交換だし、そこには優しさが乗っかるから、より良いものになるわけです。世の中の優しさの証明が、バイク2台なわけです。
 なので、わらしべ長者をたくさんやって、そんなサイトを作って、世の中の優しさの証明をしていこうと。その第一歩として、みんなでわらしべ長者の旅をやろうとなりました。
 当時、YouTubeなんてなかったので、ただの趣味です(笑)
実は先日、有名YouTuberの方とコラボ企画をやった際、この話をしたら「え!?趣味ですか!?YouTubeじゃなく?そんな人世の中にいるんだ。。。」とびっくりされました(笑)
 
 バンクーバーから帰ってきてから、7人を東京に集めるために一苦労。大阪・佐賀からも呼び寄せないといけないし、なんなら一人はバンクーバーから一時帰国でわらしべ長者をやりに帰ってきました。
 まずはワラを買って、物々交換開始。最初はポケットティッシュ。その次はお菓子、そしてブランド物のハンカチ。1回目でコツを掴んでいるので、どんどんとレベルアップ。民家をピンポンしまくります。
 そして青山学院大学に移動し、「わらしべは世界を救うんです!交換してください!」と謎の熱弁の結果、ブランド物のハンカチをiPod miniに変えてくれる学生が。受け取ったばかりのiPod miniを持って、とりあえず行ってみようと向かった先がベンツのディーラーショップ。学生7人で頼んだものの、さすがにベンツとは交換してくれませんでした。
 ひとまず原付に変えようと、地元のバイクショップの店長と話すこと15分。一番ぼろい原付と交換してもらえることに!ここまでの所要時間、わずか8時間でした。

語学への想い

語学が戦争をなくす

 わらしべから数ヶ月。またなんか面白いことをやりたいよねと。渋谷のマックに毎週集まって会議。
 とりあえず、渋谷を綺麗にしたら、世界は綺麗になるんじゃないかと、友達30人ぐらいを集めてハチ公お掃除企画をやってみたり。争いや戦争が起きるのは、相手のことをわかってないからだから、コミュニケーションの壁を乗り越えるための語学を広めたら世界平和だと言って、留学生交流会を開いたり。起業ではないけれども、いろんなことにチャレンジしていました。

応援隊になる

 あるとき、謎に、「関西に行って、支部を作ろう」となり、京都旅行に行きました。支部どころか、東京本部ですら最初の数人のままなのに。遊びに行った関西大学で、たまたま文化祭がやってました。ソーラン節部(?)が練習しているのを見つけて、「僕ら世界の応援団なので、応援します!」って言って、ソーラン節を踊っている数十人の前で、謎に3人で応援をしたり、関西大学でコスプレをして掃除をするっていう人たちを見つけて一緒に掃除をしたり。「どうやったら世界は平和になるのか」っていう質問を画用紙に書いて、いろんな人に話しかけたり。思いつくことは全部実行していました。とはいえ、今から考えると、目標設定はされてなかったし、目標に向かっていたわけでもないし、その場で思いついたことをどんどん実行するという、実行力だけは異常にあるだけの学生でした。(いまでも基本的な性格は変わってない)。

農家応援サイトを作成!?

 だんだんと、ビジネスとして成り立つような目標に落とし込んで行こうとなり、「地方創生」をキーワードに農家応援サイトを作成しようとなりました。当時、僕はモルガン・スタンレーに入ったばかりのころで、NY研修中でしたが、日本とメールのやりとりをしながらプロジェクトを進めて行こうと。
 やろうとしていたのは、地方の美味しいものを作っている農家の想いを、マップ上にピンで表示できるようにして、そこから取り寄せができるというようなサービスでした。けれど、これもNYと距離があったり、ビジネス方針が合わなかったりして、断念。
 農業や食には僕もたかも興味があったので、その後も一緒に「おかゆ屋さんビジネス」を立ち上げようと、家でいろんな出汁をとってみたり、韓国におかゆ研究の旅に行ったり。
 「畑を貸し出すビジネス」をやろうと、農大に友達を作りに行ったり、農大の合宿に潜り込んだり、農家に交渉に行ったり。
 そんなこんなをしていても、あまり実現化まで漕ぎ着けられませんでした。

創業期

英会話サークルスタート

 ここまでの5年間、たかとはめちゃくちゃ会ってる時期と、ちょっと会わなくなる時期をいったりきたり。ふと気づくとたかがカフェで英会話サークルを立ち上げてました。「こも、運営手伝ってよ。」という一言から、僕も運営メンバーにジョイン。これが今のスパルタ英会話の一番最初になります。
 現在スパルタ英会話筆頭講師のカルメンも、毎週参加してくれていました。
 ハリーポッターの映画をスクリプト化して英語を学んだりなどなど、毎週楽しく悩みながら、手作りで教材を作っていました。数ヶ月で20人ぐらい集まるサークルになり、夏のバーベキューも40〜50人ぐらい集まった気がします。バーベキューには現在起業スクールCash Engine代表をやっている、田井譲も来てくれてました。
 そこに来てくれていた人が、「もっと本格的に英語を学びたい」ってことで、スパルタ英会話プロジェクトが始動しました。

チャレンジで、道は開ける。点はいつかつながる

 すべては、ひょんなことからの出会いから始まり、そこから行動していくことで未来は切り開かれていくのだなぁと思っています。譲さんともカフェ英会話がなかったら出会っていないし、たかとも隣の人に話しかける習性がなければ出会ってないし。ここまでいろんなことにチャレンジして、そして失敗していなかったら、スパルタ英会話は存在しないし。
振り返ってみると、とても良い思い出です。

起業・創業カテゴリの最新記事

shares