起業スクール「キャッシュエンジン」が選ばれる理由 – 【現役の起業家が教える】オンライン起業スクール「CashEngine(キャッシュエンジン)」

キャッシュエンジンが選ばれる理由

ビジョン主導型キャッシュエンジン起業スクール

キャッシュエンジンは、個人の強みを生かしてビジネスの成果を最短で生み出します。
受講生の夢に直結するビジネスプランを一緒に描き、1ヶ月でキャッシュを生む仕組みを作りましょう。

ABOUT US

ビジョン主導型キャッシュエンジン起業とは

まず自分の思う理想を言語化するところからスタートし、それに向かうための手段としてビジネス・起業を行うことを、ビジョン主導型と呼びます。こうすることにより、起業に費やすエネルギー・時間を、全て自分の情熱が湧くものとすることができます。

POINTs

キャッシュエンジンが選ばれる3つのポイント

起業で一番失敗するのは、顧客のニーズチェックをせずにサービス作りに時間をかけてしまうこと。逆にサービスが売れることが最初にわかればあとは改善していくだけで起業は成功します。70%以上の生徒様が1ヶ月で売上達成しています。

1ヶ月以内に売上を上げるためには、最短でホームページや資料を作り、それを売りに行くセールストークなどを磨くことが必要です。知識を得るためのスクールではなく、実際に売りに行くための《起業の武器》をみなさんと一緒に作っていきます。

他の起業スクールと圧倒的に違うのは《実践力》。仮決めで進んでいくことで、高速PDCAが回ります。「悩むなら、行動する。考えたらすぐに実践する。」スクールの講師と仲間と共に、実践9割の場を作っていきましょう。

WHY

なぜ、いま起業をするべきなのか?

サービス紹介-起業理由

「終身雇用の崩壊」「テクノロジーによる仕事の代替」など、「組織の中で決められたことのみをやり続けることがリスク」な時代になってきています。一方同時に、インターネットや技術の力で、個人で仕事を作り出し、それを世に広めるのが容易な時代になってきています。政府による起業家育成支援も加速しており、過去に類を見ないほど起業がしやすい世の中になってきています。

REASONs

キャッシュエンジンで起業が成功する理由

1. アントレプレナーシップメソッド

起業家を輩出するためには、自らが起業を成功させていることと同時に、自分以外の人を成功させる必要があります。起業スクールキャッシュエンジンの講師陣は、自らが成功しているのはもちろん、子会社を6社持ち、それぞれの代表陣のやりたいことや悩みを聞き出しながら成功させてきたノウハウがあります。
さらに起業スクールキャッシュエンジンでの生徒さんとの対話を重ねることで、そのメソッドは確立されていきました。「起業家3つのマインドセット」「起業に必要な7つ道具」「実践9割」、ぜひみなさんに体感していただき、起業を一緒に成功させましょう。

集客
マインドセット

2. 現役の起業家が講師

キャッシュエンジンの講師は全員が《現役の起業家》です。他のスクールで多いのは、サラリーマンとして「新規事業立ち上げ」を行ったことがある講師が多いこと。
自分でリスクを取って起業している人間の経験することは、濃密です。この経験をぜひみなさんにも共有し、成功率をあげて欲しいという想いでキャッシュエンジンを創業しました。起業初期の経験や、想い、失敗談や成功体験をおしみなく共有します。

3. 起業家集団のコミュニティ

起業は一人ではできません。サービス作り、営業、集客、HP作成、資料作成、法務、経理、人事など、すべてを行わないといけないからです。さらに、なんの実績もない状態から集客・営業を行うのはとても難易度が高くなります。起業家仲間やメンターからの紹介で、最初の営業成功までのスピードをあげましょう。また、起業家が抱える悩みも、驚くほど同じ悩みを持ちます。言い換えると、起業家の先輩やメンターがいれば、その悩みは簡単に乗り越えることができるのです。

同じ志を持った仲間同士、切磋琢磨して起業を成功させましょう。

SUPERVISORs

キャッシュエンジンのサポーター

慶應義塾大学教授 前野隆司

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 教授
1962年山口県生まれ。東京工業大学工学部機械工学科卒業。同理工学研究科機械工学専攻修士課程修了。修士課程修了後、キヤノン株式会社生産技術研究所勤務、カリフォルニア大学バークレー校機械工学科訪問研究員、慶應義塾大学理工学部機械工学科教授などを経て、2011年より現職。1993年、博士(工学)学位取得(東京工業大学)。ヒューマンインタフェースのデザインからロボット、教育、地域社会、ビジネス、幸福な人生、平和な世界など、様々なシステムデザイン・マネジメント研究を行っている。

主な著書に『脳はなぜ「心」を作ったのか─「私」の謎を解く受動意識仮説』(筑摩書房刊)、『思考脳力のつくり方─仕事と人生を革新する四つの思考法』(角川oneテーマ21刊)、『幸せのメカニズム─実践・幸福学入門』(講談社現代新書刊)、『幸せの日本論 日本人という謎を解く』(角川新書刊)ほか多数。

多摩大学大学院特任教授
金野索一

上智大学、明治大学兼任教員、ソーシャルスウィッチ社取締役投資責任者(ベンチャー投資会社)
コロンビア大学国際公共政策大学院修士課程修了。日本政策学校学長、NPO法人エドテックグローバル代表理事、(株)ピーステックラボ会長、公益財団法人東京コミュニティ財団評議員。過去に(株)ブレークスルー代表取締役(政策学校・一新塾と起業学校アタッカーズ・ビジネススクールの運営会社)、(株)大前アンドアソシエイツ・パートナー、(株)ビジネスブレークスルー取締役等を歴任。

主な著書『未来の選択』(ディスカヴァー21社)、『ネットビジネス勝者の条件』(ダイヤモンド社)他。主な連載『トライセクターリーダーの時代』(日経ビジネス・カンパネラ)、『出でよ!Peace Tech イノベーター』(日経ITプロ)他。